フリー哲学者ネコナガのブログ

いろんなアイデアを解説したり、本を紹介したり、エッセイを書いたりしています。

「思想」とは何か─単なる「考え」とはどう違うのか、あるいは「哲学」や「宗教」との関係について

 「思想」とは何か。いわゆる「考え」や「考え方」とはどう違うのか。あるいは、「思想」という言葉と関連性が深そうな「哲学」や「宗教」という概念と対比すれば何が言えるのか。これについて考えてみたい。「思想」と呼ばれる様々なものを理解するには、「思想とは何か」を知らねば始まらないだろう。

 

 「思想」を辞書で引くと、たいてい(1)思い浮かんだこと。(2)行動を支配するものの見方。と出ている。ここでは後者の意味で、つまり単発的なものではなく、一つの体系としてのイメージの方で扱うことにする。実際、用例としては(2)の方が明らかに多いだろう。

 英語では、和英辞書で引くと「thought」「idea」「ideology」など出てくるが、「思想」にまったく対応するものはなさそうであり、おそらくこれは他の言語についても同じである。だからここでは、あくまでも日本語の中での実感として話を進めることにしたい。つまり、「このように分析すればたいていの人が同意するのではないか」と思われるものを言語化する試みである。

 

 初めに、前提だか結論だかわからないことを断定的に語ると、以下のようになる。

 

  • 思想とは、ある個人または集団の全身・全体で表現されるものである

 

 まず、「思想」は全身・全体で表現されるものである。つまり、ある範囲において隅々まで行き渡っていて、言わば0か1しかとれないものである。もちろん、組み合わせによっては複数とっていると見えることはあろうが、その多くは場面ごとに異なる「考え」や「考え方」をとっているだけであって、「思想」が一個人の中に同時に複数存在することは難しいとみえる。少なくともここではそう考えることにする。だから、根本的にはどれか一つに「浸っている」ものである。

 例えば「キリスト教原理主義(=根本主義。聖書に書かれていることは一字一句すべて真実であると信じる)」を例にとれば、「キリスト教原理主義者である」や「キリスト教原理主義者ではない」は可能だが、「半分だけキリスト教原理主義者である」は無理である。そのように見える場合もあろうが(そう見えると言われたら、それがあなたに対する「批判」である)、その実態は追究不足か、単なる日和見主義者(状況に応じて態度をころころ変える人)であって、本人にとって「思想である」とは言い難い。

 一方、キリスト教原理主義者でありながらイスラム原理主義者である、というのもやはり無理な相談だろう。もちろん「思想」の意味を広く取れば、一人が同時に、例えばトピックごとに様々な「○○主義者」であることはありうる。しかし、それが考え抜かれたものであるなら、やはり個々の「態度」は根を同じくして矛盾なく存在しているはずであり、そこには核となる思想があると考えられる(それにすでに名前がついているかは別として)。そうでなければ、やはり追及不足か日和見主義者になってしまうからである。

 以上を踏まえてもう少し言えば、コンピューターとのアナロジーで、ある個人の身体をハードウェアとして、その「OS」にあたるものが「思想」だとも言えるだろう。つまり、その上で行われるありとあらゆるすべて(できうること、およびそのやり方)を、根っこのところで規定しているものである。あるいはこの定義で言えば、社会学における「エートス」に近いものだとも言える。エートスとは、意識的・無意識的のどちらであれ、ある主体の内面的思考と外面的行動の両方を規定するものである。

 

 さてここまでで、ただの「考え」や「考え方」とはどう違うのか、という問いについてはほとんど答えが出たであろう。つまり、「思想」は局所的なものではなく、全体的なものだということである。「考え」や「考え方」はあくまでも一時的、単発的なものであり、長く続けば「思想」に転化しうるかもしれないが、それらは短時間で次々と取り替えられるのに対して、「思想」はじわじわと「全身・全体に浸透する」。だから浸透しきってしまうと、もはや抜け出し難いものともなるのである。

 

 では次に、「思想」という言葉と仲良しである「哲学」や「宗教」という概念との関係についてみてみよう。まず「哲学」だが、一般に、何らかのカテゴリー分けがなされる際には、「哲学/思想」といった形で一緒くたにされていることが多い。そこでは漠然と「普通より深くまで考えられたもの」くらいに思われているのであろう。しかしここでは、一般に「哲学を学ぶ」と言われている時に学んでいるのは「哲学史」であって「哲学」ではない、というところがポイントである。

 つまり、本来、哲学とは態度や方法につけた名前であって、結果として出てくるものにつけた名前ではないということである。このことは、「哲学」の方は「哲学する」と動詞化されるのに対して、現代日本語では「思想する」という言い回しは一般的ではないことからもわかるであろう。だから、哲学という営みから思想が出てくることもあるが、一方で宗教的体験から思想が出てくることも、あるいは社会的・政治的経験から出てくることもある。ともかく、「哲学」と「思想」は次元が異なる概念である。

 

 次に「宗教」である。「宗教」というのも定義が難しい言葉だが、ここでの関係で言えば、一般的に使われるものとして「宗教思想」という言葉がある。もっと具体的に言えば「仏教思想」とか「キリスト教思想」というのがそれである。これらも本来的には全身・全体を浸すものであることにかわりはなく、その意味で「思想」の一種とされて然るべきであろう。しかし、「思想」の中でも「宗教思想」に固有の特徴というものはあるのだろうか。

 これについては、「宗教とは何か」ということを考えれば、それなりに明快に語ることができる。「宗教」の特徴はひとえに「救済」を目的としていることであり、宗教思想とは「救済を目的とした思想である」と言えるからである。それなら、例えばマルクス主義や資本主義までもが時に「宗教」だと言われるのも、「救済」を目的としているとみえる場合については妥当な判定だと言える(その場合、前者の「聖典」は例えば『共産党宣言』、マルクスやエンゲルスが「教祖」、後者なら例えば『国富論』、スミスやリカード)。

 あるいは、こうした点に注目すれば、見方によっては「思想」の一つだとされる「科学」というものが、「思想」ではあっても「宗教」とは言えない理由がわかる。要するに科学では「救済」を目的としていないし、細部を修正するのはもちろんのこと、時には核となる発想さえも取り替えるからである(パラダイムシフト)。宗教の場合は何があろうが根本は変えられないから、時にはこじつけて無理やり解釈を曲げないと、全体としての論理が破綻してそこで終わりである(だから、根本となるメッセージの普遍性が高く、かつその他の部分の自由度が高いほど、時代的・地域的限定を超えて広まるのである)。

 

 さて、「哲学」や「宗教」という概念と対比させることでも、「思想」というものがいかなるものであるか、それなりにわかってきたのではなかろうか。これらを踏まえて最後に、「思想とは何か」を一言でまとめれば、次のようになる。

 

  • 思想とは、命にかかわるものである

 

 「思想」というものを、もっともヴィヴィッドに表現するならば、要するにこういうことになるだろう。実際、筋道はどうあれ、このような言い方をする人は少なくない。思想とは、結局のところそういうものなのである。それは、全身・全体に浸透するものであるがゆえに、端的に「命」にかかわる。つまり、「思想」によって誰かを救うこともあれば、誰かを殺すこともあるのである。思想とは、まさしく人の生命を支配しているものである。

 

 ところで、「思想」が全身を浸すものだとすれば、一方で「思想のない人はいない」とも言えるだろう。つまり、あなたもすでに、何らかの思想に浸っているということである。そして、それは直接的・間接的に誰かの命にかかわっていることになる(例えば、世界的な食糧問題に無頓着な人は、餓死する人の命を間接的に奪っていると言える)。それなら、重要なのは、自分がどんな思想をもっているのかを知ろうとすることだろう。あるいは何らかの思想を自覚的に持っている人ももちろん、それが何を生んでいるかは常に考え続ける必要がある。

 その上で、現代的に言えば、自分の思想を唯一絶対のものだと思わないことであろう。ある思想があれば、それとは矛盾する思想も必ずある。それは、人間が全知全能でない以上は原理的にそうなるのである。しかし、そこでいちいち人が死んでいたら、おそらく人類はもうもたないだろう。つまり、人間にとって「思想」が免れ難いものであるとしたら、「異なる思想を持つ人々が共存できる思想」を考えるしかないことになる。

 それは、どれが一番かという話ではない。全員が同じ思想であることは不可能だからである。しかし、それが「思想」である以上は、依然として命にかかわる。それなら、答えは一つしかないだろう。つまり、ありとあらゆるすべての思想が、「異なる思想も認める」という考えを内包した、一つ上の次元の「思想」へとシフトしていかねばならないということである。「思想」がここまでみてきたようなものだとしたら、理論上、持続可能な「思想」との付き合い方というものは、それしかありえない。

 

 以上を踏まえて言えば、一つの思想に埋没することはもちろん、自分がどのような思想を持っているかを知らないこと、いずれにしても「思考停止」、これこそが、ある意味では人類にとっての敵なのだと言えるだろう。その意味で、自分がもつ思想への反省は怠るべきではないし、また、条件さえ許せば殺人も行いうるような「思想」については、もはや時代遅れだと断言すべきだろう。「思想」とは、命にかかわるものであり、あるいは今や、人類の存続にかかわるものなのである。

 

岩波哲学・思想事典

岩波哲学・思想事典

 

 

nekonaga.hatenablog.com


© 2015 ネコナガ (id:nekonaga)
Amazon.co.jpアソシエイト