フリー哲学者ネコナガのブログ

いろんなアイデアを解説したり、本を紹介したり、エッセイを書いたりしています。

『数学 新たな数と理論の発見史』トム・ジャクソン編─何よりも数学を楽しむために

トム・ジャクソン編『歴史を変えた100の大発見 数学 新たな数と理論の発見史』を読む。何か役に立つことを学びたいというのではなく、純粋に知的な興味から数学に触れてみたいという人に第一におすすめしたい一冊だ。トピック別でカラー・大判・図解入りだが…

『地球進化 46億年の物語』ロバート・ヘイゼン─「秋の夜長に楽しみたい本」

紹介したいのはこちらのロバート・ヘイゼン『地球進化 46億年の物語』である。原題は「The Story of Earth」で、本国ではもちろん好評を博しているようだが、日本語訳も非常に読みやすく、何度も読みたくなるような一冊だ。 そもそも私はこの分野には親しく…

ダニエル・カーネマン『ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る』、『ファスト&スロー』(上・下)

ダニエル・カーネマン『ダニエル・カーネマン 心理と経済を語る』(以下『心理と経済』)と『ファスト&スロー(上)・(下)』(以下『F&S』)を再読したので紹介することにする。一般的にはこの分野は実用的側面に注目して読まれがちだが、人間本性の探究という…

「共感」はそんなに重要か─Paul Bloom『Against Empathy』

ポール・ブルーム『Against Empathy: The Case for Rational Compassion』を読む。邦訳されていないが(たぶんされるはず)、いい本だったので紹介したい。 (追記:2018年2月邦訳刊。高橋洋訳『反共感論―社会はいかに判断を誤るか』)。 本書は一言でいえば…

『量子物理学の発見─ヒッグス粒子の先までの物語』レオン・レーダーマン/クリストファー・ヒル

レオン・レーダーマン/クリストファー・ヒル『量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語』を読む。 両著者ともに一般向け科学啓蒙書を著している物理学者で(レーダーマンは実験物理学者、ヒルは理論物理学者)、このコンビは『詩人のための量子力学―レ…

ノーム・チョムスキー『我々はどのような生き物なのか』─本人による入門講義

ノーム・チョムスキー『我々はどのような生き物なのか』を読む。副題は「ソフィア・レクチャーズ」だが、去年3月に上智大学で行われた講演を書き起こしてまとめたものだ。しかし、二日間にわたる講演の全文(質疑応答含む)のみならず、講演直前に行われた…


© 2015 ネコナガ (id:nekonaga)
Amazon.co.jpアソシエイト