フリー哲学者ネコナガのブログ

いろんなアイデアを解説したり、本を紹介したり、エッセイを書いたりしています。

2018-08-15から1日間の記事一覧

新訳 ジョージ・バークリー『人知原理論』─存在するとは、知覚されるということである

ジョージ・バークリー『人知原理論』の新訳(ちくま学芸文庫、宮武昭訳)が刊行されていたので読んでみた。 バークリーと言えば、一般的にはあまり知られていないが(しかし、実はカリフォルニア州バークレーは彼の名に由来する)、哲学史に親しい人にはおな…


© 2015 ネコナガ (id:nekonaga)
Amazon.co.jpアソシエイト