読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリー哲学者ネコナガのブログ

人間にまつわること、哲学や科学、宗教、社会の問題、生き方のことなど書いています。基本的にエッセイです。

ディープ・パープルとロックの精神

 イギリスのバンド、ディープ・パープルを久しぶりに聴いてみたらよかったので、ロックを再認識した。ディープパープルはたしか68年にデビューだったと思うが、イギリスでロックが全盛だったころにのちのハードロックやヘヴィメタルの先駆けとして登場したバンドである。のちに「もっともうるさいバンド」としてギネス認定されていた。まあ、みんな知っているでしょう。

 

 そもそも音楽は聴覚をメインにした芸術様式であり、聴覚なら「快/不快」は、もちろん学習もあるが、根本的には人類の進化を左右する形で生存本能に根差して聞き分けているわけだから、つまりは「いい音楽」というのはある程度大きな人口に共有されうるものである。ただ、知っているかいないかだけであろう。

 それゆえに、一応音楽でもいわゆる「好み」は分かれているが、「音楽の好み」というのはおそらく本当の「好み」ではない。ただあまりにも数が膨大なので、聴きつくせないというだけである。そう考えれば、いわゆる「音楽の好み」を分かつのは、基本的には幼少期にどんな音楽が聞こえていたかによるのであろう。

 実際、聴覚はいわゆる「なつかしさ」を感じやすいと言う人もいるが、ほとんどの人は十代までに聴いていた音楽(と似た音楽)をいつまでも聴き続けるという心理学の研究もあるほどである。もっとも、これは「無意識に」であって、意識的にほかのを聴いていれば、だんだんそちらが好きになってくるのが人間でもあるが。

 

 ところで、「ロック」というのは、今ではポップスつまり大衆音楽の一部となって、一口にいえばポピュリズムで評価が決まるものだが、もともとはスタイルであって、芸術であろう。この点はヒップホップも同じである。要するに、サウンドのカテゴリーではなく、本来はもっと広くあらわれるような「精神」である。

 何かといえば、ロックやヒップホップ、それにパンクなどは「反体制」であって、逆にクラシック音楽などは、人間に普遍的によく聴こえるものを完成させる精神だと言えるだろう。いまわれわれがクラシックと呼んでいる諸様式の始まりはキリスト教全盛の時代であり、そこでは音楽も「神の世界」の表現だからである。

 逆にロックのはじまりは、何らかの意味での「完成された音楽を作る」こととは無関係であって、ロックミュージシャンが目指したのは「既成の」価値観や社会体制への反抗である。だから音楽性も「結果として」あのようになったのであって、演奏スタイルやバンドメンバーのキャラクターについても、あくまでも「それ以前」があってこそ相対的にでてくるものである。

 

 その意味では、理論上は、ロックミュージシャンがやっていることはジャーナリストや活動家とかわりはないだろう。ジャーナリストは事実を公表することによって、活動家は実際に世論を動かす活動をすることによって権力に抗うが、ロックミュージシャンはライブで反意を表現するのである(ただ、そうしたロックの精神をもっている「ロックバンド」がどれほどいるかは別のはなしである)。

 それゆえに、ロックも本来の精神という意味では、出てくるのがたまたま音楽だというだけで、ほかの表現形式でも構わない。ただ頭の中にあったものを、手の届く範囲のもので表現した結果こうなったのである。それが芸術というものであろう。ヒップホップにしても、「ラップ」が「ヒップホップ」と思ってそう呼んでいる人は多いが、本場の黒人のものを聴いてみると本物がよくわかる。

 

 だから本来的に一般大衆のための商業音楽として整備されているポップスならまだしも、ロックでは「売れているかどうか」がまったく評価基準にならない。もちろん売れるバンドもあるが、それは結果論であって、商業は商業で「できあがってしまったもの」を売るのが上手な場合があるだけである。あるいは演奏技術のレベルも、表現したいようにできさえすればそれでよいから様々となる。

 ともかく、なんであれ「芸術家」というのは他人の評価を気にしてはいけないのである。ただ「自分の頭の中のものを」どれだけうまく表現できたかというだけであり、それがどう受け取られるかまでは想定外である。なぜなら、人の頭の中はみんな違うからである。だからこそ芸術は「娯楽」、つまり、あってもなくてもいいが、あると楽しいものなのである。

 

 ディープパープルのはなしであったが、ともかくそんなふうに考えている私が久しぶりにきいて「ロックだな」と思ったのがディープパープルなのであった。しばらくまたロックも聴くことになりそう。 

 


Deep Purple - Made in Japan - Highway Star (video ...

 

Fireball

Fireball

 
Burn

Burn

 

 


© 2015 ネコナガ (id:nekonaga)
Amazon.co.jpアソシエイト