「共感」はそんなに重要か─Paul Bloom『Against Empathy』

ポール・ブルーム『Against Empathy: The Case for Rational Compassion』を読む。邦訳されていないが(たぶんされるはず)、非常にいい本だったので紹介したい。 (追記:2018年2月邦訳刊。高橋洋訳『反共感論―社会はいかに判断を誤るか』)。 一言でいえば道徳に関する実践的な一冊だが(私は道徳という言葉を倫理という…