フリー哲学者ネコナガのブログ

人間にまつわること、哲学や科学、宗教、社会の問題、生き方のことなど書いています。基本的にエッセーです。

誰も読まないモンテスキュー『法の精神』─本当はこんなにおもしろい

1月も半ばだが、18日はシャルル=ルイ・ド・スゴンダの誕生日だそうである。そう言ってピンと来る人はあまりいないであろうが、一般的には「モンテスキュー」(1689-1755)として知られている人物のことである。誕生日はたまたま知ったが、これを機会に、モ…

年末年始は宇宙人のことを考えよう

www.nytimes.com www.forbes.com 年末年始ということで、近年にわかに盛り上がっている「地球外知的生命」について少し考えてみたい。 地球外知的生命と言えば、少なくとも半世紀前くらいからは一般的にも興味を抱かれていたと言えるだろう。もっとも問題は…

「定義」の重要性について少々、UFOなど交えながら

「定義」というのものの重要性について、少しみてみることにしたい。ロジカルな議論の世界では当然でも、一般的にはほとんど意識されていないと言えることである。 最初に、いわゆる「UFO」に関する議論を例に挙げてみよう。例えば、「UFOは存在しない」と主…

秋の夜長に楽しみたい本、ロバート・ヘイゼン『地球進化 46億年の物語』

今週のお題「読書の秋」 はてなブログの「今週のお題」で、「秋の夜長に楽しみたい本」ということである。もっともいくら「夜長」でも、よほどおもしろい小説でもなければわざわざ分厚い本を読みたい人は少ないであろうから、読むという作業よりもその内容を…


© 2015 ネコナガ (id:nekonaga)
Amazon.co.jpアソシエイト